怪談シーズン

残暑厳しき折、私たちの業界のセミナー・勉強会では「怪談」シーズンが到来しているようです。とは言ってもオバケの話ではなく消費税の話。平成22年以降各種消費税の租税回避スキームを封じるため様々な改正が行われ、平成27年改正においても特定高額資産を取得した場合の特例が設けられました。結果複雑な納税義務の有無と有利不利の判定、大量の提出期限のある届出書が生まれました。ミスのない判定とクライアントへの説明が必要になり各所で次々とセミナーが開催されているわけです。背筋がゾ~となる話もあり会場にはひんやりとした空気が流れています。私も1度では怖いので、繰り返し参加しています。

カテゴリー 未分類.